> | > ドラキュラ (愛蔵版世界の名作絵本)

ドラキュラ (愛蔵版世界の名作絵本)

Posted on 2016年11月17日 | No Comments

イギリスの法律事務所で見習いをしている青年ジョナサンは、カルパチア山脈のとある古い城を訪れる。城主の名は、ドラキュラ伯爵。古く不気味な雰囲気の城と、黒いマントに土気色の顔をした異様な城主であったが、伯爵に親切にもてなされるジョナサンは、目が覚めると、囚われの身となっており、首からは血のしずくが……

愛蔵版 世界の名作絵本シリーズのひとつ。本作は、ブラム・ストーカーの有名な原作を再話したもので、絵本といっても、物語はそれなりのボリュームがある。絵についても、物語の挿絵を超えて、それぞれがひとつの絵画作品のようであり、ゴシックな雰囲気とあいまって、独特の迫力が生まれている。

ブラム・ストーカーの原作は、日記や書簡、新聞記事等で物語がすすめられるという、凝った構成ということで、そちらも気になるところ。愛蔵版 世界の名作絵本シリーズには、ドラキュラの他に、ジキル博士とハイド氏、アリ・ババと40人の盗賊、レ・ミゼラブル、宝島などがある。

ドラキュラ (愛蔵版世界の名作絵本)




Leave a Reply

量子的跳躍 quantum leap. Powered by Blogger.