> | > 信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ 漬け物から干し菓子まで、信州全土の保存食110品

信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ 漬け物から干し菓子まで、信州全土の保存食110品

Posted on 2016年6月14日 | No Comments

信州のおばあちゃんたちの間では、お茶の時間に、煎餅などのお菓子ではなく、自家製のお漬物や煮物など、いわゆるおかずと思われるようなものが、お茶うけとしてだされて、皆が親しんでいるということ。

本書では、そのおいしいお茶うけ、漬物から干し菓子まで、110の保存食レシピが集められている。野菜や果物の砂糖煮やそれを干したもの、お漬物に煮物、信州名物おやきに、小麦粉とご飯を混ぜ、中に甘味噌を入れてこんがりと焼いたこねつけ、寒天寄せ、パウンドケーキやタルトタタン、さらに山菜のたぐいなどなど、ちょっとつまんでみたくなるレシピが満載だ。

お茶うけエピソードのエッセイや、掲載されている写真も素晴らしい。信州の豊かな食材を無駄なく保存して食べるため、先人の知恵や、もてなし方は、いわゆる郷土料理の範疇を超えて、新しくも豊かで美しいものだ。長寿で、高齢者医療費が少なく、野菜の摂取量が多いといわれる長野だが、それを支えている理由のひとつが、このお茶うけ文化にあるのかもしれない。

信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ: 漬け物から干し菓子まで、信州全土の保存食110品




Leave a Reply

量子的跳躍 quantum leap. Powered by Blogger.