> | | > 農商工連携の地域ブランド戦略

農商工連携の地域ブランド戦略

Posted on 2015年5月5日 | No Comments

農業を取り巻く状況が変わってきている。本書では、農業を中心とした新しい動きを、11のケーススタディをもとに紹介している。その動きとは、集落営農から農事法人化の動き、企業の農業参入、中山間地・農村への定住の推進、農産物直売所、農村レストランの展開、ブランド化の推進などさまざま。

農家に要求されるものが、安定供給と農作物の見た目の良さという、ある意味で受身的な立場から、自らが価値を創造する立場に変わりつつある。そこにあるのは、国から押しつけられる形の農業政策や、農協への依存というスタイルではない。農作物の生産者である自分と、農作物を買ってくれる消費者が、直接的に繋がり、関係を持つスタイルに変わりつつある。

農業に限ったことではないが、生産者と消費者の関係が大きく変化しているのだ。

農商工連携の地域ブランド戦略




Leave a Reply

量子的跳躍 quantum leap. Powered by Blogger.