> | > 夏への扉

夏への扉

Posted on 2015年3月26日 | No Comments

ロバート・A・ハインラインによる、ド定番であり、猫SFでもあり、超名作にして、夏に読みたくなる一冊。

復讐譚であり、恋愛譚であり、愛猫譚でもある、そんなタイムトラベルSF。猫の審判者ペトロニウスが可愛いというか、かっこいいというか、猫好きも大満足。SFとはいえ、難解なガジェットが次から次へと出てくるわけではなく、設定を楽しむSF作品ではない。物語の展開に無駄がなく、主人公がどん底から立ち上がってくる姿は、なんとも痛快で気持ちがいい。

『夏への扉』というタイトルがなによりこの物語に似合っている。

夏への扉[新訳版]




Leave a Reply

量子的跳躍 quantum leap. Powered by Blogger.