> | | > ワールド・カフェをやろう!

ワールド・カフェをやろう!

Posted on 2014年12月17日 | No Comments

カフェといっても、お茶を飲むカフェの話ではなく、ワールドといっても世界を意味するわけではない。ワールド・カフェとは、多人数で行うことができる意思決定/意思疎通/共有/ワークショップの手法のひとつだ。

ワールド・カフェを簡単に説明すると――少人数で議論できる小さなテーブルをいくつも設け、それぞれのテーブルで同じテーマについて議論を行う。一定の時間後、各テーブルの担当者(ホスト=テーブルごとのファシリテーター)を残して、メンバーは別のテーブルに移動し、新たなメンバーと共に、再びテーマについて議論を重ねる。この流れを繰り返す。

テーブルをまわることで、ホストを通して様々な議論に触れることができる。また、基本は少人数での議論なので、意見を言う機会が増え、幅広い深い議論が期待できる。多人数での議論が持つメリットと、少人数での議論が持つメリットを併せ持つのが、ワールド・カフェといったところ。

スピードと効率をとりあえず置いておいて、コミュニケーションの積み重ねを重視するスタイルは、twitterとダブって見える。そして実は、従来の効率的と思われるコミュニケーションよりも、濃密で有効な議論が生まれることがあるのではないか、と想像する。とりあえず、本書を参考にやってみるのがよい。

ワールド・カフェをやろう!




Leave a Reply

量子的跳躍 quantum leap. Powered by Blogger.