> > 落語論

落語論

Posted on 2012年7月1日 | No Comments

書いていて、発見したことは一つである。
「落語は、大人が集まって"想像トリップ遊び"するための道具である」ということだ。
書く前には知らなかったが、書いてる最中に発見して、書き終わったあとにはすごく馴染んだ。漢字を多くすると「落語とは集団共有幻想遊戯の道具である」となる。簡単にするなら「落語は『集団トリップ遊戯』である」でいい。

よくいえば饒舌な文体に、なかなか馴染めないまま読了。目次を見れば、読まずとも本書の主張が簡潔にわかる。饒舌に語られるのは、落語家と観客に対するダメだし。

有名な誤植を引用して〆る。

歌舞伎はともかく、落語と相撲に関しては、それ以前に遡るのは、さほど意味のあることではない。「大相撲」の始祖は、谷風梶之助である。天明寛政年間の力士だ。それ以前の最初の三人の横綱、明石志賀之助、綾波レイ、丸山権太左衛門、は架空の横綱である。

落語論 (講談社現代新書)



Leave a Reply

量子的跳躍 quantum leap. Powered by Blogger.